園庭花火

職員から「園庭で子ども達とミニをやりたいんですが駄目ですか?」と

考えてみれば 今年は施設の行事は元より 大きな花火大会もお祭りも相次いで中止

これほど何もない夏は 戦争中以外に無かったのかもしれません

「よし、やろう!」

「たまや~」「かぎや~」の打ち上げ花火は無いけれど

素人なりに張りきって みんなで炎を囲みました 

何となくアットホームな雰囲気で これはこれでいい思い出になりました

 

昔は学校の授業が終わると 超特急で帰って

ランドセルをポ~ンと部屋に放り投げて 急いで学校や公園へGO!

どろじゅんや缶蹴り 登り棒や木の上から「つかまえてみ~ろ!」と言う光景は日常茶飯事

野球もしましたしドッジボールもしました コソッと爆竹もやってましたね~

遊びは子どもだけの世界で 伸び伸びとした いい時代でした

サザエさんのカツオじゃないですが どこかの家のガラスを割って

⚡カミナリおやじ⚡ から「コラ~!!💢ってこともしばしば

内緒で危ないことや いたずらをしても 直ぐに親にばれてしまう

最近よく言われる「地域で子ども達を見守る」を自然にやっていたんですね

昨今の遊び場は禁止事項も多く 小学生あたりが最も喜びそうな少しダイナミックな遊びはご法度

テレビゲームなんかもあるので どうしても家に籠る子どもが増えました

あくまでも私の独り言ですが・・・ (*´∀`).。o○〇

花火くらい(ロケット花火は昔も叱られましたが)できる場所が近隣に有ったらいいのになぁ